食欲が止まらない…と悩んで、ストレスの溜まる食生活を送っていませんか?

あなたも、普段の食生活や日頃の生活習慣の中で、色々な対策をされてきたことと思います。

でもうまく改善せず、


  • 「…やっぱり食欲が止まらない。」
  • 「この食欲…いつまで続くのよ。」



とつらい悩みかかえていませんか?

そんなあなたに、体内の食欲抑制ホルモンに働きかけるサプリメントをおすすめします。

毎日飲むだけなので、簡単に続けられます。


食欲が止まらないのは病気が原因?ダイエットは成功できるの?

食欲が止まらない私がダイエット

食欲が止まらないのが病気のせいだと思うことがあります。

「どれだけ食べても食欲が止まらない…これは病気なの?」と悩む方も実は多いです。

悩めば悩むほどストレスも溜まり、また食に走る、といった悪循環におちいってませんか?

食欲が止まらない病気に「過食症」があります。
反対の拒食症を含めた摂食障害の一種になります。

過食症は異常に食欲が止まらない状態が続き暴食。
あわせて、食べた物を吐き出す行為を繰り返す症状(過食嘔吐)がみられるのも特徴。

食欲が止まらないあなたの今の状態が、ただ好きな物を食べたい衝動だけでない場合は注意が必要です。

過度のストレスや不安など、特に精神的な心の疾患などによって、食欲が止まらない場合は、病気に発展する前に医者に診てもらうことをおすすめします。

食欲が止まらない時におすすめな方法

食欲が止まらない時のダイエット習慣

日頃の習慣などで、「食欲が止まらない時の対処法」を紹介します。

実践できそうな対策はぜひ取り入れてみて下さい。

よく噛んで食事する

食事の際、子供の頃は親に「よく噛んで食べなさい」と言われたものですね。
よく噛むことで食べ物が小さくかみ砕かれて消化しやすくなり、胃や腸への負担が軽くなるのはもちろんですが、食欲抑制&ダイエットにも大きな効果があります。

特に、食欲が止まらない時、よく噛んで食事する習慣がおすすめです。
理由はよく噛むことで脳の脳視床下部にある「満腹中枢」が刺激されるから。

その結果、早めに満腹感を実感できて食べ過ぎを防げるというわけです。

逆によく噛まずに食事をしていると、満腹感をあまり感じずについつい食べ過ぎてしまいます。
早食いの人は太りやすいと言われていますね。

食事の際はよく噛んでゆっくり食べる、が鉄則です。

また、よく噛むことによって、脳内に「ヒスタミン」という物質を増やします。
このヒスタミンは「食欲を抑制する効果」がありますので、日頃からガムを噛む習慣をつけるとさらに効果的です。

アロマオイルの香りを楽しむ

香りを楽しむことはリラックス効果があり、マッサージや入浴などに使われるアロマオイル。

アロマオイルにも沢山の香りがあり、中には食欲が止まらない人に効果的な香りもあります。

代表的なものは「グレープフルーツ」。
爽やかな柑橘系の香りには、食欲を抑える効果があります。

また、グレープフルーツの香りは交感神経を活性化させて脂肪燃焼を促進する作用があると言われています。

次に、あまり聞きなれない「パチュリ」のアロマも効果的です。
特に精神の鎮静作用があるため、「イライラして食べ過ぎてしまう…」などのストレス過食も予防してくれます。

食物繊維から食べる

食欲が止まらない時は、食事の際に「食欲繊維が豊富な物から食べる」と抑制効果が期待できます。
麦などの穀類や、大豆や納豆などの豆類、海藻類にも大変豊富に含まれています。

食物繊維を食べると、腸内で「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」という物質が生成されます。

短鎖脂肪酸はいくつかの種類に分けられますが、その内の「酢酸(さくさん)」が脳の視床下部に作用して、食欲を抑制することが知られています。

睡眠不足を解消する

睡眠不足は、食欲が止まらない方にとって大敵です。

食欲が止まらない習慣から抜け出せないのは、睡眠不足が原因になることがあります。

注目すべきは、体内の「ホルモン」です。
レプチンとグレリンという2つのホルモンが食欲に関係しています。
簡単に説明すると、「レプチン」は食欲抑制ホルモン、それに対し「グレリン」は食欲を増進させるホルモンです。

睡眠不足の方の血中には、このレプチンの濃度が少なく、グレリンの濃度が多いことが知られています。

食欲が止まらないと悩むあなたは、1日何時間寝ていますか?
平均睡眠時間7時間は確保したいところです。

炭酸水を飲む

食欲が止まらないという人に「炭酸水」を飲む習慣がおすすめな方法です。

炭酸水を食事の直前に飲んでおくことで、胃の中で炭酸ガスが発生し一時的に胃が膨れたように錯覚します。
満腹感を感じることができ、自然に食べ過ぎを予防できます。

さらに、昼食と夕食の間にも小腹が空いたときに炭酸水を飲めば、間食を抑えることができます。

また、炭酸ガスが腸のぜん動運動を活発にしてくれるので、便秘解消効果があるのもダイエットには見逃せないメリットですね。

ただ注意が下記の2点。

炭酸水は、よく冷えたものを少量(100ml程度)飲む場合、逆に食欲増進を促す特徴があります。
食欲を抑える効果を期待するのであれば、常温で500mlの炭酸水を飲むようにしましょう。

飲み過ぎには注意なのと、市販の甘い糖質を含んだ炭酸飲料はダイエットには逆効果です。
使用するのはプレーンの炭酸水です。

歯を磨く

それでも食欲が止まらない時、「歯を磨く」習慣がおすすめです。

理由は、歯磨きで口の中を刺激すると、脳に「食事が終わった」という合図を脳に伝達することができるからです。

脳が食事の終了の合図を受け取ることで、自然に空腹感を感じにくくなり、食べ過ぎを防げるというわけです。

なので、「間食したいな…」と思ったときに歯磨きをすることで、食欲を抑えることができます。
ちなみに、食欲抑制に最も適した歯磨き粉はミント系など爽快感のある味です。

また、「甘いものが食べたい…」時は逆に子供用のフルーツ味などの歯磨き粉を使うと、満足感を得られます。

努力せずに食欲を抑制する方法とは?

飲むだけで食欲抑制ダイエット

効果がない人の特徴は、下記の通りです。


  • 「異常に食欲が止まらない体質な方」
  • 「忙しくて習慣にできない方」
  • 「途中でやめてしまう方」



なかなかうまくいかない方でも、努力せず、簡単に食欲を抑制する方法があります。

それは、体内にある食欲抑制ホルモン「レプチン」を簡単に働かせる方法です。

食欲抑制ホルモン「レプチン」ってなに?

食欲が止まらない、その過食対策に「レプチン」が注目されています。

特に肥満大国のアメリカでは、レプチンの働きを活性化させるサプリメントに頼り、体重管理をしている方も多いそうです。

食欲に大きな関わりある「レプチン」は、脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンで、


  • 食欲を抑制する
  • 脂肪燃焼を促進する



など、ダイエットに欠かせない体内ホルモンだと言えます。

食事をすると血糖値が上がりますね。
その過程で、脂肪細胞が刺激されてレプチンが分泌されます。

血流にのって運ばれたレプチンは、脳の視床下部にある「満腹中枢」に働きかけ、「満腹だからもう食べなくていいよー」という指令を出します。

さらに、体の器官をコントロールする自律神経の1つ「交感神経」にも働きかけ、脂肪を燃焼したりエネルギー消費を高めます。

食欲が止まらない人のレプチンは働いてない?

本来は脂肪細胞が多いほどレプチンは多く分泌されます。

「じゃあ、太っている私は脂肪細胞が多いですよね?
食欲が止まらないのはどういうことなの?」

確かに太っている人ほど食欲が抑えられて脂肪が燃えやすくなる…はずです。

この場合の食欲が止まらない原因は、揚げ物などの脂っこい食事、糖質の高いケーキやお菓子、炭水化物などの高カロリー食ばかりを食べている習慣がレプチンの作用を鈍くさせているからです。

レプチンの受容体、またはレプチンそのものに異常が起きて、正常な機能が失われていると考えられています。

解決方法は、摂取カロリーを適量に抑えて、睡眠を十分に取ること。
また、レプチンの働きを活性化させる成分をしっかり摂ることで、レプチンの分泌や作用が正常化されると言われています。

食欲抑制ホルモン「レプチン」を活性化させるサプリとは?

食欲抑制ホルモン「レプチン」の働きを効果的にアップさせるのは「マンゴーエキス」。

それもアフリカ各地で自生する「アフリカンマンゴーエキス」です。

アフリカ各地では昔から食欲抑制、食べ過ぎ防止の薬草として使われています。

フルーツ専門販売店や大きなショッピングセンターで購入できても続けるのは大変…。

食欲が止まらない悩みを手軽に解消したいなら、アフリカンマンゴーのサプリがおすすめです。

消化や代謝効果を高める「酵素(こうそ)」も豊富で、ダイエットや体質改善も同時に進められます。

食欲が止まらない女性の体験談

食欲が止まらないと悩む女性の体験談を紹介します。

食欲が止まらない20代女性①
20代 女性
私は、日々食欲が止まらないほど食べることが大好きです。
そして厄介なことに、お腹いっぱい食べないと満足出来ないため、ついつい病気みたいに食べ過ぎてしまうんです。

そんな生活を続けていたせいで、体重が自己最重量記録を突破…。

このままではいけないと思い、食べる量を減らすことを決意しました。

ただ、異常に食欲が止まらないのはそう簡単に抑えることは出来ません。
空腹によるストレスを食べることで発散するという一番危険なことをしていた上に、前よりも食事量が増えてしまいました。

こんな調子で、本当に痩せることが出来るのかとても不安に…。
10㎏の減量に成功した友達に、手軽に始められるダイエット方法はないか相談したところ、ジョギングを勧められたので実践してみました。

今までほとんど運動不足で、最初はすぐに息が苦しくなりました。
更に翌日は酷い筋肉痛に襲われるなど、とにかく辛いことばかり。

しかし、諦めずに続けたおかげで、2週間経った頃には周りの景色を見る余裕が出来るほど体力がつきました。
肝心のダイエットの結果は、1か月で3㎏減量に成功できました。


食欲が止まらない20代女性②
20代 女性
出産後、自然と痩せると思っていたら全く痩せず一年が経とうとしていました。

痩せたいとは言いながら、回転寿司や、焼肉食べ放題、しゃぶしゃぶ食べ放題に行ったり、食欲が止まらない私。
太った体型をネタにすらしていました。

痩せたいとは本気で思っていましたが、やはり目の前に美味しそうなものがあると…。
外食に誘われるとつい誘惑に負けて食べていました。

そして、とうとう人生で最も重い体重にまで到達でした。

これをきっかけに10kgは痩せないと思い、食事制限を取り入れました。

基本夜は食べない。
食べてもヨーグルトや豆腐。

起きたらグリーンスムージーを飲み、ダイエットサプリも飲みました。

お昼は炭水化物を減らし、野菜をたくさん食べるように。

たまには友達に誘われてランチにも行きますが、その時は野菜から食べるようにして消化のことにも気を使う。

食欲が止まらない体質をもつ私は、病気になりそうなほどのストレスでした。
でも何とか頑張って継続しました。

もちろん運動も取り入れました。
運動する30分ほど前に、ダイエットサプリを飲み、有酸素運動や筋トレをしました。

最初の2週間で3kgほど痩せました。
外食をした次の日も体重は思ったほど増えないようになり、体質の変化を実感。
でもまだダイエットはこれからです。


食欲が止まらない40代女性①
40代 女性
食べることが大好きで、同時に食欲が止まらない私。
「痩せたいけれど好きなものを食べれなくなるのは嫌だ」と感じていました。

特に大好き食べ物がスイーツ。
スーパーやコンビニで新発売のスイーツが販売されると必ず購入するほどです。

月に何回かはケーキバイキングにも行っています。
1日に2個ほどケーキやプリンなど甘いものを食べるせいで、どんどん体重は増加傾向にありました。

鏡で見る度に自分の太った姿に落ち込むのですが、少し時間がたつとまた食欲が止まらない。

つい甘いものを食べてしまう自分が嫌でした。
食欲を抑えるとストレスになり、ダイエットを成功してもリバウンドしやすいと思ったので、頑張って食べた分運動することにしました。

スイーツを食べたら自宅近くを30分ほどジョギングです。
有酸素運動でカロリーを消費するのが目的です。

1ヶ月ほど続けたところ、いつもより多く食べても太りにくい体を手に入れることができました。

専門家に相談すると筋肉が付き基礎代謝が良くなったおかげだと教えられました。

この時点では体重に変化はなく現状維持の状態でしたが、半年後には4キロもの体重減少に成功しました。


食欲が止まらない30代女性
30代 女性
生理が来る前の週になると、無性に揚げ物や脂分を摂取したい欲望にかられます。

でも、毎年ダイエッターの私は、痩せたいという欲望もあり、葛藤のまま週に入ります。

食欲が止まらない時期は満腹にならないと言うか、ずっと食べていたいんです。
それはもうだらだらと。

本当に食欲が止まらない、何が食べたいかもわからず食べたい時は、少しイライラしたり。自己嫌悪に陥って悶えています。

「食べたい!」のに葛藤の繰り返し。
我慢することが大きなストレスになりました。

ただ、毎日我慢ばかりだと病気になりそう。
そこで、低カロリーでボリューミーな食べ物を調べて、置き換えるダイエットにしました。

例えばらーめんや、うどんといった麺を食べたければ、こんにゃく麺にする。
また、トッピングの野菜を大量にして無理やり満腹したり。

ごはんを食べたい場合は、リゾットなどにしてスープの割合を多めにしたり。
基本的にかさ増しを意識した食事で暴食してもトータルカロリーを抑えます。


食欲が止まらない20代女性③
20代 女性
私は子供の頃から太っていて、当時は全く見た目にも気を使わない性格でした。
ただ、美味しいものが沢山食べれることが喜びでした。

しかし思春期になると好きな人もできお洒落もしたい、でも太っているから可愛い洋服なんてサイズがない…。
そこからダイエットを始めました。

友達の倍食べていたのに急に減らすのはとても大変でした。
特に最初は極度にお腹が空き、我慢のストレスには耐えられませんでした。

解決策に、頑張って食事を少なくしたご褒美を自分に与えることに。
1日1杯、本当にお腹がすいて大変な時にだけ、甘くてミルクたっぷりのホットココアを飲むことにしました。

間食もやめたので、たった1杯だけなのにとても満足して頑張ることが出来ました。

実践したダイエット方法は食事面で普通の人の量に減らすこと、夕飯は湯豆腐や野菜、油の少ない鶏胸肉のお鍋のみで炭水化物を食べないことを徹底。

運動はその当時流行っていた「ビリーズブートキャンプ」のDVDを買い、毎日欠かさずやっていました。

ダイエットの最初は辛いし、思うように動けず、隊長の叱咤激励などに挫けそうになりました(DVDの中の話です)。

ただ1ヶ月も続けた結果、辛さも達成感に変わり、見た目や体重にも変化が現れました。
動くこと、汗を流すことも気持ちよくなってきました。



当サイトのダイエット情報があなた様のお役に立てば幸いです。

※食欲が止まらない時、一時的に抑制する簡単な方法を紹介した動画を見つけました。
ぜひチェックしてみて下さい。
>>動画「食欲の抑え方」はこちら